射手と共に進化するグラスファイバー・カーボンファイバーFRP日本弓 - ミヤタ

飛中貫

正しい射を身につける為の良い弓を。
正しく引けたときにその射技に応えられる優れた弓を。


弓道において、今では当たり前に使用されているグラスファイバー弓は、弊社代表取締役社長の宮田純治が、全日本弓道連盟より正式に和弓代表者として派遣された昭和42年(1967年)の世界弓術大会において、アーチェリーと和弓で的中を競う必要性から、高い反発力を持ち性能が良いFRP(Fiberglass Reinforced Plastic)というグラスファイバーやカーボンファイバーによって強化されたプラスチック素材を内竹・外竹の代わりに使用して、ミヤタにより初めて和弓として生み出されました。

その後、弓道の維持発展を目的として、ミヤタ総業が1972年(昭和47年)に、に高性能で耐久性の高い弓道用の和弓としてグラスファイバーFRP日本弓製作販売しました。以後、更に性能を高めたカーボンファイバーFRP日本弓も製作販売し、多くの弓道愛好者に愛用され、現在に至ります。

弓道を通じて自己を磨こうとする全ての方々の為に、優れた和弓を提供できるよう、和弓の究極の目標である「飛(矢勢)・中(的中)・貫(貫通力)」を備えた銘弓を求めて、ミヤタは日々グラスファイバー・カーボンファイバーFRP日本弓を製作をしております。 



弓を作るということ


弓を作るうえにおいて、科学技術の進歩に伴い弓の素材は変っても、先人の残してくれた理念と基本的な工程にしたがって弓を作る、という原理は変わりません。

ところが作る人の姿勢・態度によって弓の品質が変わるのです。 "どういう気持ちで作る"のか、"何を求めている"のか、“どれだけの情熱を持っている”のかによって、弓の品質・性能に与える影響も変わってきます。

”絶えず良い弓を作ろう”という姿勢、また”古来の銘弓を追いつづける、そして挑戦する” 。

ミヤタは「そういう態度を持ち続けていないと、銘弓は生まれない」と考えています。




ミヤタの弓

日本では、竹と木を弓材とする弓は、江戸中期に完成されました。わが国では竹と木が最も求めやすい材料だったという理由もあったでしょう。しかし今日、竹よりさらに弓材として適正な材料があれば、それを試みる努力があってもよいと考えました。

 そのきっかけとして、ミヤタ総業 代表取締役の宮田 純治は1967年(昭和42年)、オランダのアメルスフォートで開催された第24回世界弓術大会へ、全日本弓道連盟から派遣され「日本弓で参加」しました。世界各国から代表として派遣された一流のアーチェリー選手と30m、50m、70m、90mそれぞれの距離の的に矢を飛ばし、かつ的中を競わねばならず、アーチェリー競技ルールにおいて従来の和弓を使用してこの飛距離を飛ばし、更に的の中心に向かって的中競争をするのは、大変な困難を極めました。その対策として、アーチェリーでは昭和30年頃から使い始められたFiberglass Reinforced Plastic(グラスファイバー・カーボンファイバー等の繊維で強化されたプラスチック素材、以下FRP)を研究し、自作したグラスファイバーFRPを使用した日本弓で、遠い飛距離でもより高い的中を実現し、その弓で同大会に参加しました。


 その後この大会で得た経験を基により性能の優れた日本弓を生み出し
わが国初、ひいては世界初となる「グラスファイバーFRPを使用した日本弓」を発売しました。その後、ミヤタ総業ではカーボンファイバーFRPを使用した日本弓も開発し、製造・販売しております。内竹、外竹部分にFRPを素材として利用しているものの、伝統の和弓の中でも特に優れた銘弓を研究し抜いて、その伝統の銘弓研究の粋を、弊社の弓に注ぎ込んでおります。

弓に使用するFRPは、1.0mm前後の厚さで、竹の3-4mmの厚さに匹敵する反発力を有し、鋭い矢飛びを生み出します。カーボンファイバーは、更にそれ以上の性能を有しています。しかも耐候性(温度の寒暖・湿度の高低に対する耐性)に優れ、一年中ほとんど弓力が変化しません。

鋭い矢勢を実現する為の、高い反発力を有するグラスファイバー・カーボンファイバーですが、
ミヤタの技術により鋭い矢飛びはそのままに、ショック・反動を最小限に抑えて命中を高める和弓を製作しております。アーチェリーの弓は、発射時に生ずるショックを、弓の本体にスタビライザー(安定化装置)をつける事でショック吸収して、的中率を高めていますが、ミヤタの弓は技術と工夫により、発射時のショックを最小化しています。

古来、「銘弓」は軽いことが大きな一つの条件となっており、軽い弓は鋭い矢飛びを生み出します。特に、弊社のカーボンファイバーを使用した弓は、より軽くより鋭い矢飛びを実現しました。

軽いだけではなく弓全体のバランスを考慮して、「飛・中・貫」という弓の究極の目標を、ミヤタの弓にて更に前進させた、と自負しております。
弓道を始める方々、日々弓道稽古に勤しんでいる方々、弓道を行う全ての皆様為に、良い弓を提供するべく日々製作を行っております。


<会社概要>
ミヤタ総業株式会社は、武蔵野の自然につつまれた小さな工場で、日々、近代・現代の「銘弓」を研究し、そして実験を重ねた上で、より良いグラスファイバー日本弓の製作に心血を注いでいます。
所在地:〒350-0445 
    埼玉県入間郡毛呂山町葛貫702-1

      E-mail: frpyumi@maple.ocn.ne.jp

なるべく製作に特化する為、弓具店様以外の一般のお客様のお問合せにつきましては、電子メールにてお願い申し上げます。


弓道の起源とグラスファイバーFRP日本弓の誕生


製品一覧・価格表

ご購入ご検討の方はこちら